TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20190526

第101回温故知新の会「かしこいカラスの本当のひみつ」

みなさん こんにちは。

今日は、真夏のような暑さでしたね。まだ暑さに慣れていないので、バテていませんか?

そんな中 けやき館では、カラスについての講演会を開催しました。

講師は、科学ジャーナリストでサイエンスライターの柴田佳秀さんです。

開始早々、”カラス検定”!!

1.カラスは一度恨みをもつと、どこまでもストーカーのように付きまとうようになる?

2.カラスにはボスがいて統率よく行動している?

3.カラスはゴミ収集日を知っている?

4.カラスの死体を見ないのは、UFOが持ち去るから?

などなど・・

答えは、すべて × !!   実は、都市伝説だそうです。

そして、都会で見るカラス  ”ハシブトガラス”についてのお話。

ハシブトガラスの好物は、肉 それも脂身。

ゴミの集積所で悪さをするのは、このカラスたちです。

でも、その原因を作っているのは、実は私たち”人間”なんです。

沢山の残飯を出し、ゴミ出しのルールを守らないなど、カラスにおいしい餌を与えているのは私たちなんですって。

ゴミ袋は、”動物の死骸と同じ”。だから、鋭いクチバシで中身を突いて好物の”肉”などを引きずり出す。

他にも色々なお話をしてくださいました。

結論!「人間のおなかの肉が増えるとカラスが増える!」ということだそうです。

 

次回6月16日(日)の温故知新の会は、郷土歴史講演会「武蔵御嶽神社の鎧と鞍―鎌倉武士の装―」です。

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事