TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20200809

第129回囲炉裏端で語る昔話

みなさま こんにちは

特別な夏のお盆休みいかがお過ごしですか?

猛暑+マスクで今まで以上に苦しい夏となりましたが、くれぐれも熱中症に気をつけて楽しく過ごされますように。

 

本日の囲炉裏端で語る昔話は

瑞穂町役場企画課長 宮坂勝利氏に 「横田基地のあれこれ⑤」を お話していただきました。

 

宮坂氏は入間市生まれで、幼い頃から入間基地から飛び立つ飛行機に親しんでいたそうです。

また瑞穂町役場から、日本初の防衛省と地方公務員の人事交流で、北関東防衛局に出向されていたこともあります。

だから、宮坂氏の横田基地のお話や写真には臨場感がありました。

今日のお話の中心は “横田の常駐機” (横田基地の飛行機は大人気ですね)

その中でも輸送機の C-130のお話をしていただきました。

東日本大震災の時、壊滅的な被害を受けた仙台空港が何とか整備され、一番最初に物資を輸送して降り立ったのが、

横田基地から飛んだC-130でした。そこから支援活動が始まりました。

横田基地でも、世界中から支援のための各国のC-130が飛んできてきてたそうです。

支援活動の写真も見せていただいたのですが、災害時の事ではありますが、

日本のために昼夜を問わず働き続けてくれる人々と飛行機は、美しくてかっこいいなあと思ってしまいました。

 

次回の囲炉裏端で語る昔話は、

8月23日(日) 村上氏と入藏氏による 「二胡とふるさとの昔話」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事