TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20171212

第66回けやき館温故知新の会「尾張藩の鷹場と瑞穂の暮らし」

みなさん、こんにちは。

先日、けやき館の多目的室にて、第66回けやき館温故知新の会「尾張藩の鷹場と瑞穂の暮らし」を開催しました。

 

江戸時代、瑞穂町を含む武蔵野の村々は、尾張徳川家の鷹場に指定されていました。

今回の講演会では、尾張藩の鷹場支配の特異性と鷹場に指定された村々の実態を、古文書を元に、

瑞穂古文書を読む会の渡辺先生に解説していただきました。

講演会の様子はコチラ。

今回、紹介した古文書は「案山子御免願い(かかしごめんねがい)」と呼ばれる古文書。

鷹場に指定された村々には、鷹場法度(たかばはっと)と呼ばれる決まりごとがあり、

畑や田んぼに勝手にかかしを立てることができませんでした。

その決まりごとに対し、「例年通り、かかしを立てさせてください!」とお願いする際、村の人によって書かれたのが「案山子御免願い」。

当時の人は大変だったんだなぁ・・・ 😐

他にも、鷹狩りの時に同行してきた役人を村の人々がもてなした話など、

他ではなかなか聞くことができないお話を聞くことができました。

この場をお借りして、講演してくださった渡辺先生、そしてお越しくださった皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

けやき館では、他にも歴史や文化に関する講演会を定期的に開催しています。

皆様、ぜひご参加ください!

お待ちしております!

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事