TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20190416

企画展「みずほの野鳥」始まりました!

みなさん、こんにちは。桜の花も盛りを過ぎ、吹く風も暖かく感じられる季節となりました。

今日から春の企画展、「みずほの野鳥」が始まりました。

昨年の春の展示、「みずほの花図鑑-早春から初夏にかけて-」に続く、瑞穂町の自然を扱った展示となっています。

瑞穂町は狭山丘陵、畑地や平地林と多様な自然が広がり、様々な野鳥を観察することができます。今回の展示では瑞穂町で見ることができる野鳥を約100種選んで、写真や剝製などを展示しています。

見てください。なかなか壮観ですよね。野鳥の写真が広がっています。

今回は町の自然を調査研究し、展示の監修もしていただいた「瑞穂自然科学同好会」より写真を提供していただいています。どの写真を見ても、瑞穂の自然の一コマを感じさせてくれる写真ばかりです。

この他にも、瑞穂在住の飯田陸夫さんからバードカービングを3点(ツミ、ムクドリ、カワセミ)お借りしています。飯田さんは全日本バードカービングコンクール、ジュニア部門で第19回~21回(2016~18年)まで入選し、第20回、21回大会では第1位となった作品です。自然の野鳥を観察して作られた造形をぜひ見に来てください。

会期は本日(4月16日)より6月16日(日)までとなっています。また、期間中には野鳥の写真の入れ替えを行ないます。前期は本日より5月19日(日)、後期は5月21日(火)より6月16日(日)となっています。

関連イベントして、会期中、前期には4月27日(土)、後期には6月1日(土)の2時から3時まで、瑞穂自然科学同好会の方によるギャラリートーク(展示解説)を予定しています。

予約なしで参加できますので、ぜひお越しください。

多くの方々のご来場をお待ちしています!

20190414

第98回温故知新の会「二宮金次郎さん」

みなさん こんにちは。

本日の温故知新の会は、神山安夫氏による「二宮金次郎さん」を開催しました。

二宮金次郎は、あの銅像のイメージと違って身長が6尺(180cm)もあったというからびっくりです。

さらに二宮金次郎は、600件もの農村復興や財政建直しを行ったというお話しでした。

勤勉にして努力家の金次郎さん、偉くなっても庶民の味方。

本当に見習うことが多いですね。

 

次回の温故知新の会は、

・5月12日「第99回温故知新の会 瑞穂第五小学校のふるさと学習 ”みずほ学”の紹介」

・5月19日「第100回温故知新の会 箱根ケ崎の歴史散歩」

・5月26日「第101回温故知新の会 かしこいカラスの本当のひみつ」

皆様のご参加をお待ちしております!!

 

 

 

 

20190410

令和の蘭(シュンラン)

万葉集と山野草のパネル展示は、新元号の発表と共に多くのお客様が足を運んでくださっています。

今日は梅花歌の序文に登場する蘭のご紹介です。

梅とともに詠まれている蘭は一説にフジバカマ(藤袴)とも考えられていますが、

季節的にはシュンラン(春蘭)と推測されています。

古来より人々に愛された花として知られ、在来種の中にはかすかに芳香をたたえるものもみられます。

只今けやき館では、このシュンランが皆様のご来館をお待ちしております。

20190404

万葉集と山野草

穏やかなお花見日和です。

けやき館には沢山のお客様がご来館。

最近では近隣だけでなく23区や他府県の方も多くお越しくださるようになりました。

今日の読売新聞に当館開催中の‘万葉集と山野草’が紹介されました。

山野草ウィーク開催と同時期に展示ギャラリーで始めましたが、4月1日の新元号発表とともにお客様の

関心が高まり、特に「令和」の出典となった序文に関する展示に足を止める方が多くいらっしゃいます。

和歌を紹介するパネル展、山野草クイズ、

山野草紹介DVDなどけやき館の展示ギャラリーを堪能してください。

 

 

20190404

ミニ展示 春の歳時記 お花見

新元号が発表された4/1(月)より、ミニ展示として‘瑞穂の歳時記 お花見’を飾っております。

4/8(月)には市内の小学校の入学式。最近ではランドセルも彩り鮮やかになりましたね。

色とりどりの春のお花が皆様のご来館をお出迎えいたします。

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事