TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20171212

第66回けやき館温故知新の会「尾張藩の鷹場と瑞穂の暮らし」

みなさん、こんにちは。

先日、けやき館の多目的室にて、第66回けやき館温故知新の会「尾張藩の鷹場と瑞穂の暮らし」を開催しました。

 

江戸時代、瑞穂町を含む武蔵野の村々は、尾張徳川家の鷹場に指定されていました。

今回の講演会では、尾張藩の鷹場支配の特異性と鷹場に指定された村々の実態を、古文書を元に、

瑞穂古文書を読む会の渡辺先生に解説していただきました。

講演会の様子はコチラ。

今回、紹介した古文書は「案山子御免願い(かかしごめんねがい)」と呼ばれる古文書。

鷹場に指定された村々には、鷹場法度(たかばはっと)と呼ばれる決まりごとがあり、

畑や田んぼに勝手にかかしを立てることができませんでした。

その決まりごとに対し、「例年通り、かかしを立てさせてください!」とお願いする際、村の人によって書かれたのが「案山子御免願い」。

当時の人は大変だったんだなぁ・・・ 😐

他にも、鷹狩りの時に同行してきた役人を村の人々がもてなした話など、

他ではなかなか聞くことができないお話を聞くことができました。

この場をお借りして、講演してくださった渡辺先生、そしてお越しくださった皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

けやき館では、他にも歴史や文化に関する講演会を定期的に開催しています。

皆様、ぜひご参加ください!

お待ちしております!

20171206

けやき館にクリスマスがやってきました♪

みなさん、こんにちは!

日に日に寒さが厳しくなっていく中、皆様いかがお過ごしですか?

 

けやき館では、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、寒サニモマケズ、

がんばってクリスマスツリーの飾り付けを行いました!

飾り付けしている様子がコチラ

モミの木をラッピングするように、ぐるぐるリボンを巻いております。

この段階でLEDライトがついてます…。うっかりミス! 🙁

ライトを最後につける点灯式的なことは省略しました。 😆

そして、完成がコチラです!

写真では分かりづらいかも知れませんが、このクリスマスツリー結構大きいんです。

是非、けやき館に来て確認してみてくださいね!

そして、隣接する耕心館もイルミネーションでかわいくデコレーションされてます。 😳

ぬれた床にライトが反射してとっても幻想的!

皆様の来館を心よりお待ちしております。

20171203

囲炉裏端で語る昔話

12月に入り一段と寒くなりましたね。

今日は今年最後の囲炉裏端で語る昔話でした。

中村千代子さんを中心に‘子供の頃の得意な遊び’について出席者の皆様のトークが弾みました。

男の子はめんこや竹馬、紙飛行機。

女の子はおままごとやお手玉、きしゃご。

きしゃご?聞きなれない遊びだと思っていたら昔はおはじきのことを‘きしゃご’と言ったそうです。

遊びの間には薩摩団子、氷砂糖を食べた。

大きな塊の氷砂糖をろうそくとマッチで細かく砕く方法を試行錯誤の上に見つけだした!おままごとをしていても昔は自然と食べられる草がわかっていた!

より遠くに飛ぶ紙飛行機を作ったり、相手に取られないようめんこの端を折ったりと経験の中から工夫をすることを身につけた貴重な子供時代だったとも語られていました。

お正月に帰省しおじいちゃんおばあちゃんに会う機会があったら、昔の遊びを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

次回の囲炉裏端で語る昔話は、2018年1月28日。

坂田勝長氏による‘石畑子どもの行事’です。

20171201

けやき館冬のわくわく工作教室

みなさん、こんにちは。

気づけばもう12月 😆 あっという間ですね!

 

けやき館の12月といえば・・・そう!冬のわくわく工作教室です!

今回は「瑞穂町の産業」をテーマに工作教室を開催します!

内容はコチラ↓

開催期間は平成29年12月23日(土)~12月27日(水)までです。

工作を通して瑞穂町の産業に触れてみましょう!

ぜひ、瑞穂町郷土資料館けやき館にお越しください♪

 

 

20171129

第65回けやき館温故知新の会「1964年東京オリンピック聖火ランナーが語る公開座談会」

先日、第65回けやき館温故知新の会「1964年東京オリンピック聖火ランナーが語る公開座談会」を開催しました!

みなさんは1964年の東京オリンピック時、

瑞穂町の若きスポーツマンたちが聖火ランナーとして奥多摩街道を走ったのをご存知でしょうか?

今回の座談会では、実際に奥多摩街道を走った聖火ランナーの方々をお招きし、当時の様子について熱く語っていただきました。

座談会では、当時の練習の厳しさや、当日台風が近づいていたため当初の予定よりも早く走らなければならなかったことなど、

他では聞くことができないエピソードを数多く語っていただきました。

 

座談会を開催するにあたり出演者の方々に当時のユニホームや靴などをお持ちいただき、エントランスホールでミニ展示を行いました。

当時使われていた聖火トーチ(レプリカ)も展示しました。

このトーチ、展示する前に持たせていただいたのですが、

見た目の割りに重い重い 😯

これを持ちながら走ることは栄誉なことであると同時にとても大変なことでもあったんですね。

聖火トーチのほかにも、足の裏にできるマメに悩まされていた選手のために開発された靴など貴重な資料を展示しました。

講演会によってはこうしたミニ展示も開催します。

けやき館に遊びにきた時は、講演会とあわせてミニ展示も楽しんでいってくださいね。 🙂

 

次回の講演会は12月10日(日)13時30分より、

第66回けやき館温故知新の会「尾張藩の鷹場と瑞穂の暮らし」を開催します。

皆様どうぞお越しください。

20171126

企画展「瑞穂町のくらしと祈り」

みなさん、こんにちは。

今日は、絶賛開催中の企画展「瑞穂町のくらしと祈り」についてお知らせします!

現在、けやき館企画展示室では、「瑞穂町のくらしと祈り」と題しまして、

けやき館の新収蔵資料を中心に、さまざまな資料を展示しています。

人々の暮らしには多様な営みがあり、人々はその中で神仏に祈りを捧げてきました。

今回の企画展では、人々の暮らしと祈りの形をけやき館収蔵資料からみつめます。

ここで、展示資料をちょこっとだけお見せします。

まずはこちら。

これ、見てのとおりお賽銭箱なんですが、ちょっとした仕掛けがあります。

このお賽銭箱の横にくくり付けられた小銭(みたいなもの)を中央に投げ入れると、

チーンという小気味いい音がなるんです! 😯

なかなか面白い、お賽銭箱ですよね。

 

今回ご紹介したお賽銭箱のほかにも実に興味深い、資料が沢山あります。

企画展は平成29年12月3日(日)まで開催いたします。

ぜひ、けやき館に遊びにきてください。

お待ちしております。

20171119

開館3周年記念講演会「動物の足跡探検!!足跡からわかること」

本日、開館3周年を記念して、

「けやき館3周年記念講演会 動物の足跡探検!!足跡からわかること」

を開催いたしました。

元上野動物園長の小宮輝之さんをお招きし、

動物の足跡から分かるいろいろな生態についてお話していただきました!

今回の講演会では、小さなお子さんもご参加されていて、

小宮先生が会場に「この動物はなんでしょう?」「この鳥はなんでしょう?」と問いかけると、

会場中からあっちこっちから元気な声が! 😮

小宮先生と子どもたちの掛け合いがとても印象的な講演会でした。

お客様からは、「大人も子どもも楽しめる講演会だった!」「今度動物園にいったときは、足にも注目してみる!」とのお声をいただきとても嬉しく思います  😳

ご参加いただいたお客様、講演してくださった小宮先生に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

これからも、けやき館では、大人に限らず小さなお子さんも楽しめるイベントを開催していきますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、小宮先生に色紙を書いていただいたのでご紹介します!

 

好きなことには全力投球!

わたしたちも全力投球で仕事に打ち込みます! 🙂

 

 

 

20171118

親子折り紙教室

寒いですね~。

けやき館では本日親子折り紙教室が開催されました。

この寒さの中、老若男女14名の方にお集まりいただき、作山先生のご指導で熱心に作品を折っておられました。

大小のサンタクロースや色とりどりのダリアなど個性豊かな作品が仕上がりました。

クリスマスにはお部屋を賑やかに飾ってくれることでしょう。

来月の折り紙教室は12月16日(土)です。

ご来館お待ち申し上げます 😆 !

 

20171115

開館3周年記念展示

みなさん、こんにちは。

平成29年11月16日を持ちまして、けやき館は3周年を迎えます。

これを記念しまして、正面玄関にて、これまでけやき館で開催したイベントをご紹介しています。

 

平成26年11月16日に開館して以来、多くのお客様に来館していただきました。

おかげさまで、無事3周年を迎えることができました。

この場をかりて、皆様に厚く御礼申し上げます。

 

また、明日、11月16日にけやき館にお越しただいたお客様、

先着20名様に限り、けやき館記念しおりセットをプレゼントさせていただきます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

20171106

開館3周年記念講演会「動物の足跡探検!!」告知

瑞穂町郷土資料館けやき館では、11月19日(日)に開館3周年を記念して

開館3周年記念講演会「動物の足跡探検!!~足跡からわかること~」

を開催いたします。

今回の講演会では、平成16年から平成23年までの間、上野動物園長をされていた小宮輝之さんをお迎えし、

動物の足跡からわかるあんなことやこんなことを、楽しく解説していただきます!

 

さてさて、動物の足跡に関する講演会ということで、

ここでみなさんに足跡に関するクイズです!

この足跡は何の足跡でしょう!?

 

 

・・・・みなさん、分かりましたか?

 

こたえは、「タヌキ」の足跡でした!

(このタヌキの足跡は常設展示室の床にあります。ちなみにこのタヌキの足跡の監修は、小宮さんが行いました。)

このタヌキの足跡は右前足と右後足が同時に出る、という特徴があります。

人間に置き換えて考えてみると、右手と右足が同時に出る・・・歩きにくいですね 😉

こんな風に、足跡から動物の生態・特徴など、いろんなことが分かるんですって。

ちょっと面白いと思いませんか?

 

今回の講演会ではこういった動物トリビア(足跡トリビア?)がたくさん聞けます。

大人も子供も楽しめる講演内容となっておりますので、

是非、皆様ご参加ください。 😀

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事