TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

イベント/講座

2016年のイベント/講座

ふるさとづくり推進事業 第4回 自然観察会

期間 2016年3月26日(土)〜2016年3月26日(土)
時間 AM9時00分〜PM12時00分
会場 狭山丘陵
料金 無料

生物調査の専門家といっしょに、けやき館からカタクリの里、狭山丘陵を歩きます。南方より渡ってくるツバメ、春型のチョウ、カタクリをはじめ様々な野鳥など、動き出した生き物たちを観察しましょう。

参加費:無料

定員:20名(先着順)

申込み:電話または直接、けやき館までお申し込みください。

対象:町内在住(小学校3年生以上)

集合場所:瑞穂町郷土資料館 けやき館

主催:瑞穂町

第26回けやき館・温故知新の会 朗読会

期間 2016年3月27日(日)〜2016年3月27日(日)
時間 PM1時30分〜PM3時30分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階多目的室
料金 無料

作品:平山和治作 創作『いたずらゴン太と村づくり』、木下順二作 物語『山の背くらべ』

朗読:渡辺 小百合氏(女優)

※準備の都合上、3月25日までに、けやき館までお申し込みください。

けやき館・温故知新の会

忘れられつつある地域の自然・歴史・文化・伝統に関する話題をテーマに取り上げ、地元の造詣が深い方々を講師に招いて興味深い講話を聴くことができる定期開催のイベントです。地域の人々が、地域を知り、地域を愛し、地域を大切にする心を育てることがねらいです。

「瑞穂の語り部~みらいへつたえる戦争と平和~」(瑞穂町制作)

期間 2016年4月1日(金)〜
時間 上映は随時行っております。ご希望の方は受付までお声掛け下さい。
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階多目的室
料金 無料

瑞穂町戦後70年戦争体験記録映像「瑞穂の語り部~みらいへつたえる戦争と平和~」を上映致します。

戦争を体験した世代の方から後の世代へと、戦中、戦後の体験談が伝えられる機会が減少している中、貴重な戦争体験談を後世へ残し、平和の尊さを伝えるために、町内在住の3人の方の体験談などをもとに制作された映像作品です。(瑞穂町制作)

上映時間:45分

落語鑑賞会「落語歳時記 春の巻」

期間 2016年4月1日(金)〜
時間 上映は随時行っております。ご希望の方は受付までお声掛け下さい。
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階多目的室
料金 無料

往年の名人や活躍中の落語家による、冬をテーマにした古典落語の鑑賞会を開催します。

※当鑑賞会は、CD音源のため、音声のみとなります。

Disc1 春の巻
1.「長屋の花見」 五代目 柳家小さん(収録時間:19分02秒)
2.「馬の田楽」 三代目 桂文生(収録時間:21分54秒)
3.「長命」 初代 桂歌丸(収録時間:21分12秒)

Disc2 春の巻
1.「囃子長屋」 五代目 古今亭今輔(収録時間:18分43秒)
2.「徳ちゃん」 二代目 柳家さん喬(収録時間:16分41秒)
3.「高砂や」 三代目 三遊亭遊三(収録時間:17分32秒)

囲炉裏端で聞く昔話 第34回 炉辺夜話

開催日 2016年4月3日(日)〜2016年4月3日(日)
時間 AM10時15分〜AM11時45分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 常設展示室「瑞穂の民家」
料金 無料

講師:村山美春氏(文化財保護審議会名誉顧問)

囲炉裏端で聞く昔話

常設展示スペースに再現された民家の囲炉裏端で、瑞穂町文化財保護審議会名誉顧問の村山美春さんをはじめ、地域の講師から昔話を聴くことができる定期開催のイベントです。講師と参加者の距離が近いので自然と対話が生まれアットホームな雰囲気が楽しめます。

第27回けやき館・温故知新の会 自然に関する講演会

期間 2016年4月10日(日)〜2016年4月10日(日)
時間 PM1時30分〜PM3時00分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階多目的室
料金 無料

○イベント情報

日時:4月10日() 13:30~15:00

※右のチラシには土曜日と表記されていますが、日曜日の誤りです。

演題:「瑞穂町の蝶たち-瑞穂町から姿を消した蝶、新たに見られるようになった蝶-」

講師:村野 隆夫氏(瑞穂自然科学同好会)

○お申込み

3月1日(火)10:00より、お電話・ご来館にて承ります。

定員 :100名(予約制・先着順)

けやき館・温故知新の会

忘れられつつある地域の自然・歴史・文化・伝統に関する話題をテーマに取り上げ、地元の造詣が深い方々を講師に招いて興味深い講話を聴くことができる定期開催のイベントです。地域の人々が、地域を知り、地域を愛し、地域を大切にする心を育てることがねらいです。

企画展「八高線と瑞穂町」

期間 2016年4月16日(土)〜2016年6月26日(日)
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階企画展示室
料金 無料

JR八高線開通・箱根ケ崎駅開業85周年及び電化20周年を記念し、八高線や箱根ケ崎駅をテーマにした企画展を開催します。

箱根ケ崎駅旧駅舎の備品を始め、記念切符や新駅舎落成に関する資料などを展示し、あゆみを振り返ります。

○ごあいさつ

 瑞穂町は、古くから青梅街道・日光街道といった街道が交差する交通の要衝の地として発展してきました。しかし、明治22年(1889)に甲武鉄道(現JR中央線)・明治25年に青梅鉄道(現JR青梅線)がそれぞれ開業すると、瑞穂でも鉄道の敷設が望まれるようになりました。昭和6年(1931)に箱根ケ崎駅にやってきた八高線は、住民らの長年の夢を乗せた列車でした。それから85年、八高線と箱根ケ崎駅は、地域に密着した鉄道、駅として、瑞穂町民らと共に歩みを進め、親しまれ続けています。
 今回の企画展では、八高線開通・箱根ケ崎駅開業85周年、八高線電化20周年を記念して、八高線や箱根ケ崎駅に関係する資料を展示し、そのあゆみを中心にご覧頂けるように企画を組み立てました。今回の展示を機に、瑞穂と時世の流れとをつなぐ結節点の一つであった鉄道が果たしてきた役割について、改めて考えてみて頂ければ幸いです。

第12回 親子折り紙教室

日にち 2016年4月16日(土)〜2016年4月16日(土)
時間 AM10時15分〜AM11時45分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階体験学習室
参加料 無料

講師:日本折紙協会講師 作山文子さん

申込み:電話または受付窓口にて

第28回けやき館・温故知新の会 郷土歴史講演会

期間 2016年4月17日(日)〜2016年4月17日(日)
時間 PM1時30分〜PM3時00分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 1階多目的室
料金 無料

○イベント情報

演題:「江戸の三行り半」

講師:塩島 清志氏(瑞穂古文書を読む会)

○お申込み

4月1日(金)10:00より、お電話・ご来館にて承ります。

定員 :100名(予約制・先着順)

けやき館・温故知新の会

忘れられつつある地域の自然・歴史・文化・伝統に関する話題をテーマに取り上げ、地元の造詣が深い方々を講師に招いて興味深い講話を聴くことができる定期開催のイベントです。地域の人々が、地域を知り、地域を愛し、地域を大切にする心を育てることがねらいです。

囲炉裏端で聞く昔話 第35回 炉辺夜話

開催日 2016年4月24日(日)〜2016年4月24日(日)
時間 AM10時15分〜AM11時45分
会場 瑞穂町郷土資料館 けやき館 常設展示室「瑞穂の民家」
料金 無料

講師:村山美春氏(文化財保護審議会名誉顧問)

囲炉裏端で聞く昔話

常設展示スペースに再現された民家の囲炉裏端で、瑞穂町文化財保護審議会名誉顧問の村山美春さんをはじめ、地域の講師から昔話を聴くことができる定期開催のイベントです。講師と参加者の距離が近いので自然と対話が生まれアットホームな雰囲気が楽しめます。

カテゴリー

過去のイベント