TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20200507

ブログde万葉集と山野草 番外編Ⅳ

皆様、大変お待たせいたしました。

番外編Ⅳのお時間です。

万葉集と百人一首にスポットをあてた残りの二首のご紹介です。

万:あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む 

思わないようにしていても、思われてどうにもならずに、山鳥(やまどり)の尾のように長い、この夜を過ごすのです。

百:あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む 

山鳥の尾の、長く長く垂れ下がった尾っぽのように長い夜を(想い人にも逢えないで)独りさびしく寝ることだろうか。

万葉集では詠み人知らずとなっていますが、百人一首では柿本人麻呂の作とされています。

万:田子の浦従 うち出てみれば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける 

田子の浦を過ぎて仰いで見ると、真っ白な富士の高嶺が見える。高嶺に今雪が降り続いている。

百:田子の浦に うち出てみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ 

田子の浦に出かけて、遙かにふり仰いで見ると、白い布をかぶったように真っ白い富士の高い嶺が見え、そこに雪が降り積もっている。

両方とも作者は山部赤人です。柿本人麻呂と並んで万葉集を代表する歌人である。大伴家持は、柿本人麻呂、山部赤人を並べ立てて「山柿の門」という言葉を使ったそうです。

この「田子の浦~♪」ですが、妙に耳に残り、百人一首では絶対札を取ろうと思う歌ですよね? え?私だけ?

実は私の十八番は「ひさかたの ひかりのどけき~♪」紀貫之の歌なんですねー。子供の頃に覚えた物って忘れないものです。

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事