TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20210227

企画展「ひなまつり展2021」のご紹介③ ~松本のお雛様 2~

みなさんこんにちは。

企画展「ひなまつり展2021」のご紹介の第3回として、松本のお雛様の続きについてお話したいと思います。

 

〇松本のお雛様 2

前回に続き、松本のお雛様、もう一つの七夕雛を取り上げます。

七夕と言っていますが、こちらも旧暦のため、実際には87日前後で行われます。

 

こちらは七夕雛のうち「着物掛形式」と呼ばれる人形です。

ハンガーのように見える通り、実際には浴衣や着物などをこの雛に掛け、家の軒下に吊るしました。

 

次にこちらは「紙びな形式」の人形です。

こちらの人形も家の軒先に吊るします。

 

どのように飾ったか気になりますよね。

そこで、熊谷元一さんの絵本『たまばたまつり』(福音館書店)を見ましょう。

熊谷さんは長野県出身の写真家、童画家で、この絵本では松本の七夕祭りの様子がよく描かれています。

一部ですが紹介します。

〈家の軒下に吊るす七夕人形

 左側が‘着物掛形式’ 右側が紙びな形式〉

※詞書は外しています。

〈かごめかごめをする様子〉

かぼちゃや硯などをお供えします

〈晩御飯にほうとうを食べる〉

松本のほうとうは、きなこやあんこで絡め、少し冷やして食べる甘い食べ物です

〈夜のぼんぼん行列〉

二列になり、提灯を持って町内を唄いながら歩きます

 

今回は七夕雛を紹介しましたが、前回ご紹介した松本押絵雛とは共通点があり、押絵雛の職人が七夕雛の顔を描くことが多いそうです。ベラミ人形店でも、押絵雛と七夕雛、両方扱っています。

松本の雛人形、いかがでしたでしょうか。

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事