TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20200823

第130回囲炉裏端で語る昔話「二胡とふるさとの昔話」

皆さん、こんにちは。

今日は、囲炉裏端で語る昔話が多目的室にて開催されました。

お題は「二胡とふるさとの昔話」。

初めに二胡という楽器の説明がありましたが、皆さんは知っていますか?

二本の弦を弓で弾きます。ヴァイオリンのイメージでしょうか?

しかし余韻のある音がでます。

それは、弓が何本もの毛で出来ていて、弦を表と裏の両方で挟んで奏でるからだそうです。

3曲演奏してくれました。

『太湖船』は中国大陸を流れる長江のようなゆったりとした曲でした。

『サリーガーデン』はアイルランド民謡で恋の物語だそうです。

『また君に恋してる』は坂本冬美さんが歌って有名ですが、元はビリーバンバンが歌ったそうです。

 

次にゲストを加えて、昔話をしてくれました。

‟ クリちゃん ”、可愛い男の子です。

『ザクザクババア川』という題で、「牛方」が登場します。

‟ 牛方 ”って分かりますか?

牛に荷物を載せて運ぶ人のことです。

お正月に初荷を持って行くと、お酒が振舞われます。

酔っぱらった牛方を荷台に載せて、牛はちゃんと家に帰ります。

賢いですね~。

その牛方が酔っ払い、しょんべんをしたくなり川で用を足します。

すると、どこからか、ザクザク ザクザクと音がする。

「何だ?」と思い音のする方を見ると、

「川を汚すたわけ者はどいつだ!」と大きな影が立ち上がります。

驚いた牛方は牛の方へ逃げ出しますが・・・

牛は牛方を載せて家までちゃんと帰りましたとさ。

似たような話はあちこちであるそうです。

 

次回、囲炉裏端で語る昔話は9月6日(日)に行います。

皆さんの参加をお待ちしています。

 

 

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事