TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20211021

第157回温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」

10月10日(日)・17日(日)に、第157回温故知新の会 地域の産業「東京狭山茶手もみ実演」を開催しました。

講師は東京狭山茶手もみ保存会の皆さんです。

毎年恒例となった手もみ実演ですが、今年はコロナ対策のため、定員数を制限しています。

〈東京狭山茶手もみ保存会の皆さん〉

瑞穂町は狭山茶の産地で、東京の中では一番多く狭山茶を生産しています。

今は機械製茶が中心となっていますが、機械の技術も、元々は手もみの技術を再現したもので、手もみの妙技を披露していただきました。

〈手もみ:葉振るい〉

手もみのお茶は、ホイロという道具を使って揉んでいきます。始めはお茶っ葉そのままだったものが、揉んでいくと少しずつ芯のような形になっていきます(保存会の方は‘松の葉’と表現していました)。

参加者の方も、お茶に触れて湿り気を感じたり、質問をしたりと、和気あいあいとした雰囲気で進行しました。

〈参加者の方も体験しています〉

お茶の入れ方講座では実際に手もみ茶のお茶を試飲して、いつものお茶との違いにびっくり。

最後に手もみのお茶にお湯を注ぐと…

一枚の葉になりました。

〈松の葉のようなお茶っ葉が…〉

〈一枚の葉になりました〉

東京狭山茶手もみ実演は来年度も実施を検討していますので、ぜひご参加ください。

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事