※当講座は、講師の都合により延期とします。  日程が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・   タイトル:初めての人向け古文書を読み解く(全3回) 講  師 第1回目 塩島 清志氏(瑞穂古文書を読む会 代表) 第2回目 植木 聖子氏(瑞穂古文書を読む会) 第3回目 小山  都    氏(瑞穂古文書を読む会)   瑞穂町および近隣地域に伝わる江戸時代の資料を教材として、古文書の読み方を学ぶ講座です。 初めての人向けの講座ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。 ※講座は三回続きますが、一回だけの参加も可能です。   ○お申込み 12月15日(火)10時よりご来館・お電話にて承ります。 定員:20名(電話予約制、空きがあれば当日参加も受け付けいたします)     ※お…

演題:藤村と介山の心のふるさと 講師:関谷 忠氏     島崎藤村の『夜明け前』と中里介山の『大菩薩峠』は、幕末から明治へと変わる激動の時代を書いた小説の中でも群を抜く作品です。 本講演では、二人の作品からそれぞれのふるさとを訪ねます。     お申込み 令和3年2月1日(月)午前10時より、お電話・ご来館にて承ります 定員:100名(予約制、先着順)  ※状況により定員数を制限します