TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20220116

第81回親子折り紙教室

みなさま こんにちは

本日は大学入学共通テスト、いよいよ受験シーズンが始まりましたね。

コロナ禍で励まれてきた受験生の皆様、力を出し切れるようお祈りしています。

今回の折り紙教室のお題は、「節分の鬼と祝い鶴」でした。

みなさんが折ったカワイイ鬼さん達。

自由な発想に先生方も感心されていました。

【疫病をもたらす鬼(疫鬼)を魔除けの力がある穀物で追い払う】という

中国の行事がもとになっているともいわれる豆まき。

今年はいっぱい豆をまいてコロナを退散させたいです。

次回の親子折り紙教室は、2月19日(土)10時15分~11時45分です。

予約は不要です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

20220112

ミニ展示 繭玉節句

寒い日が続きますね。

昨日は鏡開き。お汁粉で温まった方も多いのでは?

けやき館のミニ展示はお正月飾りから小正月の繭玉飾りに模様替えしました。

瑞穂町史によると、石うすでひいた粉で団子を作り、それを樫や椎に飾り付け石臼を台にして飾ったとあります。

今回はそれを真似て飾ってみました。(団子は紙粘土ですが。)

ご来館の際には足を止めてみてくださいね。

 

 

20220110

みずほ染め織り作品展

こんにちは。

本日より「みずほ染め織り作品展」が始まりました。

作品展では、村山大島紬をはじめ、草木染と機織りの学習をしている「みずほ染織伝承会」の作品と、去年の秋に染色体験と機織体験をした「みずほはたおり探検隊」作品を展示しています。

見どころは、村山大島紬の糸染めで使われる技法「板締め染色」で染めた洋服やストールの染色作品です。

  

 

ちなみに、、、

展示初日の本日は、ギャラリートークも行いました。

伝承会と探検隊の指導をしている「村山大島紬伝承会」の方々が、展示解説の他、村山大島紬の機織り実演をしてくださいました。

 

ギャラリートークは、1月23日(日)と29日(土)の15時30分からも行います。

ご興味のある方は是非お越しください。 簡易機を使った機織り体験もできますよ!

 

20220110

第163回温故知新の会 郷土歴史講演会「清戸三番衆状と箱根賀崎」

こんにちは けやき館です。

 

本日、けやき館では第163回温故知新の会 郷土歴史講演会「清戸三番衆状と箱根賀崎」を開催しました。

講師は、瑞穂町文化財保護審議会会長 平山和治さんです。

 

「清戸三番衆」については、残っている資料が非常に少ないということで、大変ご苦労されたようです。

講演では、武士の居住地、家来や馬の数を推定し、どの程度の隊列だったのかと言ったお話をしていただきました。

 

次回の温故知新の会は、自然に関する講演会「瑞穂町の星空」です。

20220109

新春スペシャル二人会

こんにちは けやき館です。

1月8日(土)にけやき館では【新春スペシャル二人会】を開催しました。

ご出演は、お馴染みの古今亭始さんと初登場の林家けい木さんです。

 

初登場のけい木さんは、林家木久扇師匠のイケメンのお弟子さんです。

(古今亭さんももちろんイケメンです!)

《出番待ちのお二人》

演目は、『蜘蛛駕籠』『宿屋の富』『親子酒』他を披露していただきました。

お二人の落語で、参加者の方たちにも初笑いをしていただきました 🙂

 

最後に二人会恒例のジャンケン大会を開催、お二人のサイン色紙や始さんの手ぬぐいが勝者にプレゼントされました。

 

次回の落語会は、3月19日(土)開催予定です。

 

オミクロン株の感染者が急増してきました。

皆様、どうぞご自愛くださいませ。

 

20220109

「瑞穂の天体写真」ギャラリートーク

みなさん、こんにちは。

けやき館では、新年最初のイベントが今日はじまりました。

昨年12月18日から開催されている企画展「瑞穂の天体写真」の関連イベントの1つ、ギャラリートークが行われました。

担当してくださったのは、瑞穂町在住で、この企画展の天体写真を撮影した長岡薫さんです。

長岡さんの展示写真は、全て町内の自宅で撮影したもので、光害などのさまざまなハードルを乗り越えて、撮影し続けているそうです。

展示写真を一点ずつ解説しながら、写真の中での着目ポイントや撮影方法・画像処理方法などに加え、それぞれの写真に対する思い入れや、現代のデジタル技術の恩恵についても語っていただきました。初心者から詳しい人たちまで、内容の難易度を上手に調節しながら、たいへん解りやすい解説に、参加者の皆さんも大満足の様子でした。

企画展「瑞穂の天体写真」は、2月6日(日)までの会期となっています。

瑞穂町上空に広がる星雲・星団・銀河の写真を是非ご覧になってみてください。皆さんのお越しをお待ちしております。

20220104

迎春 2022年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年は、コロナウイルスの感染者数に一喜一憂の日々でした。

まだまだ今年も気の抜けない生活が続きそうですが、感染対策を万全に、たくさんの方にけやき館をご利用していただけるよう、企画展のほか、楽しいイベントもたくさんご用意して、職員一同皆様のお越をお待ちしております。

 

瑞穂町郷土資料館 けやき館

館長 小俣文江

 

20211219

第156回囲炉裏端で語る昔話

みなさまこんにちは

さて、けやき館のある瑞穂町は実はお祭りがとても盛んな町なのです。

町内の、高根、箱根ケ崎、石畑、殿ヶ谷の4地区はそれぞれ立派な山車とお神輿を持ってるんですよ。

お囃子も子供からベテランまで精力的に活動しています。

本日の囲炉裏端で語る昔話は、高根地区のお話。

「昔あった高根の山車と神社」でした。

語り部の池田功氏は高根で生まれ育ち、退職されてから地域に関わるようになり高根地区の歴史に興味を持ち、

‟高根いにしえ伝承会”を立ち上げたそうです。

本日は、その活動する中で見つかった40年以上前の資料をもとに語っていただきました。

資料は、当時の80才から91才の方々に昔の話をしてもらたものを録音したテープです。

最高齢の91才の方は明治21年生まれだそうで、

100年以上前に生まれた地域の方の生の声を収めたテープからのお話でした。

次回は、来年になります。

2月13日(日)「箱根ヶ崎物語⑥」語り部:ティーナとウーです。

みなさま良いお年を!

来年も囲炉裏端で語る昔話、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

20211218

企画展「瑞穂の天体写真」

みなさん、こんにちは。

寒波到来で、一気に真冬の寒さになりましたが、いかがお過ごしですか?

けやき館では、本日より企画展「瑞穂の天体写真」が始まりました。

この企画展では、瑞穂町在住のアマチュア天文家・長岡薫さんが、自宅で継続的に撮影し続けてきた星雲・星団・銀河や太陽系の星たちの写真を提供していただき、大きなサイズにして展示しています。展示写真の一例として、星雲では「オリオン大星雲」、星団では「クリスマスツリー星団」、銀河では「アンドロメダ銀河」など、合計24枚を展示しています。

また、JAXA(宇宙航空研究開発機構)より、太陽系惑星探査の歴史を写真と図で解説した大型グラフィック「月・惑星の探査~太陽系と生命の起源を求めて!!」をお借りして展示しています。こちらは、解りやすく迫力満点の大きさです。

企画展の会期は、令和4年2月6日(日)までです。また関連イベントとして、1月8日(土) 14時からギャラリートーク、1月23日(日) 13時半より講演会「瑞穂町の星空」を開催予定です(講演会の予約申し込みは12月21日の10時からです)。

瑞穂町で冬に夜空を見上げると、いくつもの星を見ることができます。また、肉眼では見えなくても、たくさんの星雲・星団・銀河が、夜空の遥か彼方に存在しています。こうした天体や無限に広がる大宇宙に、思いを馳せてみませんか?

20211218

第80回親子折り紙教室

みなさま こんにちは

早くも(ほんとにあっという間、早すぎです😲)そろそろ一年を振り返る時期になり、なんとなく気忙しい毎日です。

けやき館では、今年最後の親子折り紙教室が開かれました。

今年も、毎回季節感のあるものや使えるものなど、みなさんがお家に持ち帰ってからも楽しめるよう準備して下さった、

當間先生、池田先生、和田先生、ありがとうございました。

今回のお題は、お正月の準備です。

「来年の干支と獅子」こちらは先生が用意してくれたお見本です。

 

親子折り紙教室(大人の方だけでもご参加いただいています)は、予約は要りません。

折り紙もご用意しておりますので、気軽に参加してくだいね。

次回は、1月15日(土)10時15分~11時45分 「鬼と祝い鶴(予定)」です。

みなさんのご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事