TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20190617

第102回温故知新の会「武蔵御嶽神社の鎧と鞍~鎌倉武士の装~」

こんにちは。

本日の講演会は、日本風俗史が専門で、武蔵御嶽神社の文書や宝物の調査研究に取組んでおられる齋藤愼一先生に

武蔵御嶽神社の鎧などについて、詳しく解説をしていただきました。

御嶽神社の国宝になっている鎧の特徴は、赤い糸(威、おどし)は段々にグラデーションになっているところだそうです。

今もとても鮮やかな色合いが残っていて、先人の技術が伝わってきますね。

専門性の高いお話でしたが、参加者の方は、最後までみなさん熱心に聞いておられました。

 

次回6月30日(日)開催の第103回温故知新の会は、滝澤先生による「瑞穂で生れた算数教材が教科書に載っている」の講演を行ないます。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

20190616

第105回 囲炉裏端で語る昔話

みなさま こんにちは。

梅雨の合間の夏日です。

朝から素晴らしい青空に当館の大ケヤキの緑がとても美しいです。

今日の囲炉裏端で語る昔話は、「高根歴史伝承活動、その発足と経過をかたる」でした。

講師の池田氏のお話しでは、現在高根地区は世帯数が約570世帯ですが、自治会加入率が半数を切るようになったそうです。

若い人も増えてきた高根を、「もっとみなさんに愛される地域にしていきたい!もっと地域のことを知れば、高根への愛着も深まるだろう!」と考えたそうです。

そこで、地域のお年寄りから昔の話を聞き、それを語り伝える活動を始め、会報を作り、配布をしてきたそうです。

(今年度の会報はお休みで、さらに新しい情報を収集中です。)

私も「自分の住む地域を知り、大事にしていく気持ちを持ち続けたいなあ」と思いました。

次回は、7月7日(日)村上豊子氏、入倉澄子氏による「二胡と七夕の語り」です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

20190616

第16回けやき館イブニングトーク落語会

みなさん こんにちは。

昨日、けやき館では古今亭始さんの落語会を開催しました。

あいにくの雨でしたが、沢山のお客様にお越しいただきました。

演目は、「牛ほめ」、「二階ぞめき」を披露していただきました。

最後まで、大笑いの会場でした。

次回の古今亭さんご出演の落語会は、12月開催「年忘れ二人会スペシャル」です。

こちらもどうぞお楽しみに!!

皆さんのご参加をお待ちしておりま~す。

20190616

クッキーを作ろう!!

こんにちは。

 

本日けやき館では、明日の父の日にプレゼントするクッキー作りを行いました。

 

プレーンとココア味のクッキー生地を丸型にくりぬき、デコレーションしていきました。

  

かわいいパパの顔を描く子やパパ大好きと文字を書く子、シンプルに丸やハートの形だけの子など、みなさん思い思いにクッキー作りをしていました。

 

焼きあがったクッキーは、メッセージ付の袋に入れて完成!

 

みんな上手に作ることができました。 🙂

 

8月11日(日)18:00~けやき館・耕心館 星空映画会「僕のワンダフル・ライフ」を開催します。

お楽しみに~。

20190608

第3回父の日工作教室

皆さんこんにちは。

梅雨入りし、どんよりとした天気ですが いかがおすごしですか?

 

けやき館では、6月8日(土)~9日(日)まで”父の日工作教室”を開催しています。

 

工作内容は、縫わずに作るブックカバー&木でできたしおり と 卵型のメモスタンドです。

本日は、6名の方にご参加いただき、皆さん楽しそうに工作していました。

   

 

そして、このようなステキなプレゼントができました。

  

オンリーワンのプレゼントにお父さんも喜ぶこと間違い無し!!

 

 

6月15日(土)には、お父さんのにがおえクッキーを作るイベントも開催します。こちらも是非ご参加ください。

詳しくはこちらをクリック→【クッキーを作ろう!】

お待ちしています。

20190526

第101回温故知新の会「かしこいカラスの本当のひみつ」

みなさん こんにちは。

今日は、真夏のような暑さでしたね。まだ暑さに慣れていないので、バテていませんか?

そんな中 けやき館では、カラスについての講演会を開催しました。

講師は、科学ジャーナリストでサイエンスライターの柴田佳秀さんです。

開始早々、”カラス検定”!!

1.カラスは一度恨みをもつと、どこまでもストーカーのように付きまとうようになる?

2.カラスにはボスがいて統率よく行動している?

3.カラスはゴミ収集日を知っている?

4.カラスの死体を見ないのは、UFOが持ち去るから?

などなど・・

答えは、すべて × !!   実は、都市伝説だそうです。

そして、都会で見るカラス  ”ハシブトガラス”についてのお話。

ハシブトガラスの好物は、肉 それも脂身。

ゴミの集積所で悪さをするのは、このカラスたちです。

でも、その原因を作っているのは、実は私たち”人間”なんです。

沢山の残飯を出し、ゴミ出しのルールを守らないなど、カラスにおいしい餌を与えているのは私たちなんですって。

ゴミ袋は、”動物の死骸と同じ”。だから、鋭いクチバシで中身を突いて好物の”肉”などを引きずり出す。

他にも色々なお話をしてくださいました。

結論!「人間のおなかの肉が増えるとカラスが増える!」ということだそうです。

 

次回6月16日(日)の温故知新の会は、郷土歴史講演会「武蔵御嶽神社の鎧と鞍―鎌倉武士の装―」です。

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

20190526

第103回囲炉裏端で語る昔話

今日の 「囲炉裏端で語る昔話」は 「うたとヨガで元気をだして!」がテーマです。

 

まずは伝承の広場でヨガです。

樹齢300年の大ケヤキに見守られながら

朝の新鮮な空気のなかで、気持ちよく体を

ほぐしました。

 

 

水分補給のあとは、ひんやりとした囲炉裏端で  

箱根ケ崎くっちゃべり会のみなさんに

リードしてもらいながら

昔から親しまれてきた唱歌などの歌詞を

今風にアレンジした替え歌

(ボケない小唄・お座敷小唄の替え歌 等)

を歌い、囲炉裏端でのおしゃべりをして、

昔懐かしい時間を楽しみました。

 

次回は6月16日(日)池谷 功氏による「高根歴史伝承活動その発足と経過を語る」です。

是非ご参加ください。お待ちしています。

20190519

第100回温故知新の会「箱根ケ崎宿の歴史散歩」

皆さん こんにちは。

本日の温故知新の会は”歴史散歩”ということで、町内を巡って参りました。

講師の先生は、青梅市文化財保護指導員の角田清美先生です。

コースは、箱根ケ崎駅→狭山池→立川断層→五輪様の柿の木・・など。

先生の専門分野が自然地理学ということで、立川断層についての話は大変興味深かったです。

参加者の方も熱心に聴いていました。それもそのはず、瑞穂町には立川断層が通っている地域なんです!

この他にも、いろいろな興味深い地域のお話を沢山聴くことが出来ました。

来年も今回の続きの”歴史散歩”を行なう予定です。

興味のある方は、是非ご参加ください。

次回5月26日(日)の第101回温故知新の会は、科学ジャーナリストの柴田佳秀さんによる「かしこいカラスの本当のひみつ」です。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

 

20190518

第49回親子折り紙教室

皆さん、こんにちは。

本日は親子折り紙教室が行われました。

たくさんの方が参加されて、和気藹々な雰囲気でした。

今日作る作品は、”箱” ちょっと複雑な感じで難しそうですが、”素敵な箱”です。

そんな”素敵な箱”を先生たちに教わりながら皆さん完成させました!

次回の親子折り紙教室は6月15日(土)、是非ご参加ください。

お待ちしております。

20190505

第102回囲炉裏端で語る昔話

皆様、こんにちは。

本日は、囲炉裏端で語る昔話がいつもの民家でなく、多目的室にて行われました。

タイトルは、『大人のためのみずほ学「瑞穂賛歌」』。

語り部は当館嘱託員の滝澤先生でした。

瑞穂町の昔の地名、産業などを詳しくお話しくださいました。

次回は5月26日(日)です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事