TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20191021

第111回温故知新の会「絣板職人の語る村山大島紬と絣板のしくみ」

みなさん こんにちは。

 

先日、第111回温故知新の会 地域の産業に関する講演会「絣板職人の語る村山大島紬と絣板のしくみ」が開催されました。

講師は元絣板職人の坂田勝長さんです。

 

講師の坂田さん

 

村山大島紬といえば、瑞穂町の伝統産業として知られていますが、着物文化が遠のいた現在では生産はできなくなっています。

今回はそんな村山大島紬の「絣板のしくみ」にこだわった講演会です。

絣板は村山大島の特徴である“精緻な柄”と“生産の効率”を両立させる、大切な役割を果たしました。絣板を彫るための板図案には、多くの工夫がこらされています。

一つ紹介すると、経糸の絣板には柄の「ミミ」と呼ばれる部分があります。柄と柄との間の部分で、絣板職人の方はこの「ミミ」の部分を一枚一枚ずらしながら縦板を彫っていました。もし「ミミ」の部分を柄の同じ高さの位置に設けていますと、同じ箇所に染まらない筋が生まれてしまうためです。

坂田さんからは柄をどのように絣板に移していくか、道具の説明など、細かく丁寧に説明してくださいました。

 

続いて、もう一人の講師、文化財保護審議会の平山会長が絣板で染めた糸がどのように織物になっていくか説明してくださいました。平山会長は元機屋さんで、経験を交えながら絣板で染められた糸が織り上げていくまでを映像や実演を交えながら説明をされていました。

 

解説をする平山さん

 

来場された方は、坂田さんの出身である石畑地区の方が多かったため、和やかな雰囲気で講演会が進みました。映像を見ながら、「この光景は昔見たな」とおっしゃる方も。

最後には織物組合が作曲し、よく歌われた村山音頭を合唱して締めくくりました。

 

次回の温故知新の会は、1027日(日)の第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」(第2回目)です。13日に続き、貴重な狭山茶の手もみ実演を見ることができます。予約にはまだ若干余裕があります。ぜひご参加ください。

 

20191020

第113回囲炉裏端で語る昔話

皆さん、こんにちは。

今日は囲炉裏端で語る昔話が行われました。

お題は『水道の始まり』、語り部はくっちゃべり会の関谷さんと中村さんです。

人の生活にかかせない水道。

どのように作られてきたか、歴史的要素を盛り込みながらお話しされました。

次回は11月3日(日)です。

皆さんの来館をお待ちしております。

20191019

瑞穂ふるさと大学2019 歴史コース

みなさん、こんにちは。

前日からの雨が心配されましたが、本日10月19日(土)、瑞穂町教育委員会 教育部 図書館文化財担当主催による

「瑞穂ふるさと大学2019 歴史コース」が無事実施され、私も参加者のみなさんと一緒に2時間ほど町歩きをしてきました。

ふるさと大学は、自然・観光・歴史の三つのコースがあり、各コースとも地域めぐり・講座・検定からなっています。本日の地域めぐりは、けやき館嘱託員の滝澤福一先生を講師として、コース案内と各ポイントでの丁寧で分かりやすい解説をしていただきました。

 

また今回は、一般の方々とともに、瑞穂農芸高校の先生と食品研究部の生徒のみなさんも参加してくれました。

普段生活している町の中にも、まだまだ知らないことがたくさんあり、参加者は滝澤先生の説明に熱心に耳を傾けながら、うなずいたり質問をしたりして、町の魅力を再発見するとともに、有意義なひと時を過ごすことができました。

なお、歴史コースの講座と検定は、12月7日(土)に行われます。

 

 

 

 

20191019

第54回親子折り紙教室

皆さん、こんにちは。

雨も上がり、すっかり秋めいてきましたね。

急に寒くなり、体調を崩して、風邪を引いている方もいます。

気をつけてお過ごしくださいね。

 

今日は折り紙教室が行われました。

お題は「ほしぐるま」です。

いくつか小さな物を作り、組み合わせます。

こちらでは、3名の講師の方々が手取り足取り、丁寧に教えてくださいます。

初めての方でも安心です!

 

次回は、11月16日(土)です。

皆さんの参加をお待ちしております。

20191015

みんなで影絵劇を楽しもう

本日は劇団スタジオライフの皆様による影絵劇の上演を開催しました。

上演作品は『てぶくろを買いに』『100万回生きたねこ』。

どちらも名作ですね。

途中ワークショップでは、手影絵をクイズ形式で楽しんでいただいたり、実際にお子さんが参加して即興影絵を上演したり

会場は笑いの渦に包まれました。(実際に小学生の参加者が影絵を動かしている写真)

連休の最終日。沢山のご家族連れが鑑賞してくださり、劇団員の方も喜んでいらっしゃいました。

これからもご家族で楽しめるイベントを企画しますので、是非ご来館ください。

20191013

第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」

みなさん、こんにちは。

台風一過で秋晴れの10月13日(日)、けやき館では、第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」を行いました。

 

東京狭山茶の製法は、江戸時代の1800年頃に地元の先人たちが考案したとされています。

今回は、全国手もみ製茶技術大会で入賞した実績をもつ「東京狭山茶手もみ保存会」から講師の方々をお迎えしました。

 

講師の方に説明をしていただきながら、参加者も実際に手もみを体験しました。

 

 

また実演の後は、手もみの茶葉でいれたお茶をいただきましたが、参加者一同、そのまろやかな味とうま味に、驚きの表情でした。

まさに、狭山茶の味にとどめをさされたということでしょうか。

 

 

10月27日(日)にも今日と同様の内容で実演会を実施しますので、

今回ご都合がつかなかった方は、是非とも奮ってご参加ください。

 

20191013

十三夜

こんにちは。

一昨日、11日は十三夜でした。

芋名月の十五。栗名月の十三夜。

どちらか一方だけのお月見は“片見月”と呼ばれ縁起が良くないと言われています。

十一日に十三夜を忘れてしまった方は、

けやき館に十三夜飾りを楽しみにいらしてください。

15日まで楽しめます。

20191013

第112回囲炉裏端で語る昔話

みなさま こんにちは

台風19号が過ぎ、良い天気になりました。

みなさま、無事に過ごされたことと願っております。

さて、この行灯、美しい布がはられています。

こちらの生地が“村山大島紬”です。

本日の囲炉裏端で語る昔話は高橋公江さんをお迎えし、

「瑞穂のはたおり」についてお話ししていただきました。

 

 

 

瑞穂の機織りといえば、“村山大島紬”

この“大島”とは、奄美大島のことです。何故奄美?と私も思っておりましたが、

この行灯のように美しい模様、これが奄美の紬の模様に似ていることから大島をつけて

村山大島紬といわれるようになったそうです。

ですから村山大島紬に対して、奄美の紬を“本場紬”といったりもするそうです。

農家の副業として行われていた機織りがいかに当時の瑞穂の人々の生活を支えていたか、

また“日本のシルクロード”(八高線から横浜線)にまでおよぶ養蚕の話などが、

高橋さんの優しい語り口で語られ、心地よい囲炉裏端となりました。

「みずほの機織り」は、第2回も行われる予定です。(日程は未定)

皆さまお楽しみに。

次回の 囲炉裏端で語る昔話は、

10月20 日 『水道の始まり』語り部:くっちゃべり会 関谷氏、中村氏のお二人です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

20191011

10月12日の臨時閉館について

皆さま、こんにちは。

明日、大型台風が近づいているため、けやき館は臨時閉館させていただきます。

明日の予定のイベント、「日本の横笛を作ろう」と「ふるさと大学の観光コース 地域めぐり」は中止です。

楽しみにしていた参加予定の皆さま、申し訳ございません。

どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

20190926

瑞穂二中職場体験実施中

こんにちは。9月も下旬に差しかかってきました。

さて、今日は職場体験についてお話したいと思います。

けやき館では瑞穂中学校、瑞穂第二中学校の職場体験を受け入れています。

職業体験とは、中学生が実際の職場で作業をしたり、講義を受けたりして、実際に働く人々の知識や技術に触れ、働くことの意義について考えてもらうことが目的です。けやき館でも

講義や実習などを取り入れて、瑞穂町のこと、郷土資料館のことを知っていただけるような時間割を組んでいます。

今はちょうど瑞穂第二中学校の生徒さんの実習中です。

一日目、生徒さんに「郷土資料館ではどんな仕事をしていると思う?」と聞くと、あまりどのような仕事をしているかピンとはきていないようでした。

今回のスケジュールのいくつかを紹介すると、展示撤収。これは写真展「雑草の花、みんな美しい!」の展示撤収を一緒にしました。

 

展示の解説を久保田さんから聞いてます

みんなで展示撤収中

 

続いて、接客接遇。実際に受付に立って、お客様と接したり、チラシの補充やワークシートを用意したりと、細やかに作業してくれています。

 

受付の体験、挨拶や準備をしています

瑞穂町についての調べ学習

 

この他にも瑞穂の伝統産業である、染め屋さん工場に行き、かつて村山大島紬を染めていた技術を見学するなど、伝統的な体験もしました。

 

染屋さんの技を見学

 

実習体験生の皆さんには、瑞穂町の歴史や文化を改めて見つめなおすきっかけになっていると思います。

また、けやき館でこのような実習を組むことができるのは、けやき館を支えてくださる地域の皆様のお陰です。イベントや日々の運営に協力してくださる方々がいて始めてけやき館の活動が成り立つのです。いつも感謝です。

職業体験をしている様子を見ましたら、温かい目で見守っていただければと思います。

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事