TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20190519

第100回温故知新の会「箱根ケ崎宿の歴史散歩」

皆さん こんにちは。

本日の温故知新の会は”歴史散歩”ということで、町内を巡って参りました。

講師の先生は、青梅市文化財保護指導員の角田清美先生です。

コースは、箱根ケ崎駅→狭山池→立川断層→五輪様の柿の木・・など。

先生の専門分野が自然地理学ということで、立川断層についての話は大変興味深かったです。

参加者の方も熱心に聴いていました。それもそのはず、瑞穂町には立川断層が通っている地域なんです!

この他にも、いろいろな興味深い地域のお話を沢山聴くことが出来ました。

来年も今回の続きの”歴史散歩”を行なう予定です。

興味のある方は、是非ご参加ください。

次回5月26日(日)の第101回温故知新の会は、科学ジャーナリストの柴田佳秀さんによる「かしこいカラスの本当のひみつ」です。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

 

20190518

第49回親子折り紙教室

皆さん、こんにちは。

本日は親子折り紙教室が行われました。

たくさんの方が参加されて、和気藹々な雰囲気でした。

今日作る作品は、”箱” ちょっと複雑な感じで難しそうですが、”素敵な箱”です。

そんな”素敵な箱”を先生たちに教わりながら皆さん完成させました!

次回の親子折り紙教室は6月15日(土)、是非ご参加ください。

お待ちしております。

20190514

五小出前授業「瑞穂の歴史発掘隊」

みなさんこんにちは。

今回は資料館の外での活動をお伝えします。

5/14(火)に瑞穂第五小学校の6年生へ出前授業を行ないました。

内容は、「瑞穂町の旧石器時代って!?」です。

授業の様子 

なかなか高校の授業でも旧石器時代について詳しく勉強することはありませんよね。

今回は、瑞穂町で発掘された遺跡から、旧石器時代の遺跡や生活について考えてみようというテーマにしました。

昔の人の石器に対する思いはすごいです。石材を集め、石を打って加工し、道具として利用する。遺跡では、そんな人びとが生活をしていた姿を垣間見ることができます。

石器一つ一つをよく眺めると、石器を調整した時に打った痕跡をいまだに鮮明に見ることができます。狭山丘陵を点々と移り住んだであろう昔の人たちの生活を想像する一時間となりました。

 

間近に石器を見てみよう 

 

郷土資料館では、資料館内だけでなく、このように学校に資料を携え授業する「出前授業」も行なっています。

学校と連携することで、地域の歴史について伝えるという役割も担っているのです。

今回は五小6年生の「瑞穂の歴史発掘隊」の授業の一環として、実際の石器を見ながら授業を行いました。

第五小学校のみなさん、これからも地域のことに興味をもって頑張って学習してください。

 

20190505

第102回囲炉裏端で語る昔話

皆様、こんにちは。

本日は、囲炉裏端で語る昔話がいつもの民家でなく、多目的室にて行われました。

タイトルは、『大人のためのみずほ学「瑞穂賛歌」』。

語り部は当館嘱託員の滝澤先生でした。

瑞穂町の昔の地名、産業などを詳しくお話しくださいました。

次回は5月26日(日)です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

20190503

第3回母の日工作教室

大型連休も残り4日! 皆さまいかがお過ごしですか?

けやき館では5月3日(金)~5日(日)まで、”第3回母の日工作教室”を開催しています 😀

工作内容は、プラバンを使って作るお花のチャームと、ステンシルシートを使って模様をスタンプするエコバッグ作りの2種類です。

本日参加してくれた方は、お花のチャームを作りました。

形の違う2種類のお花をカラフルに塗っていました。

完成品がこちら⇓

メッセージカードも付いて、とてもステキ  に出来ました 😀

 

開催中は、小さいお子様に大人気『キッズスペース』も併設しています。

キッズスペースのみのご利用も可能ですので、ぜひ遊びに来てください。

 

母の日のプレゼントに、GWの思い出に、けやき館で工作をしてみませんか?

楽しいですよ!!ご来館お待ちしております。

 

 

~・~ 告知 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

6月は、父の日に向けて工作教室と料理教室を開催します。

詳しくは、下記をクリックしてね。

 

★「第3回父の日工作教室」

★「クッキーを作ろう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

20190430

甲冑試着体験

けやき館ではゴールデンウィーク中、「武士団・村山党の会」が制作した甲冑の試着体験ができます!

今日も元気なお友達が試着体験をしてくれました。

ご興味のある方は是非足をお運び下さい。

お待ちしておりま~す。

 

 

 

20190427

野鳥展ギャラリートーク

みなさんこんにちは。

みずほの野鳥展、好評開催中です。

今日(427日)は、みずほの野鳥展ギャラリートークが行なわれました。 

講師は野鳥展の協力をしていただいている瑞穂自然科学同好会より、池谷文夫さんが担当されました。同好会の方々は瑞穂町を中心に、長年にわたり動植物を観察されてこられており、そうした知見を今日もたくさん聞くことができました。

 

展示している写真の数々は、全て同好会のメンバー撮影の写真です。長い時間をかけて一枚一枚撮った写真なのです。

池谷さんのお話の中に、鳥は10年一昔というお話がありました。10年経つと、だいぶ鳥相が変わっているということです。鳥をめぐる環境も、めまぐるしく変わっているのですね。

 

写真一枚からでもいろいろな情報を拾うことができます。キジの羽ばたく様子、ハクセキレイとセグロセキレイの性格の違いなど話は尽きません。長く観察してきた知見が活かされていました。

  

剝製も、体長、羽根の色、体の特徴から食べるもの、生活の様子まで話はどんどんと広がっていきました。今回もギャラリーの方はとても熱心に聞いてくださいました。終了後の質問も、普段の疑問を池谷さんに聞いていて、とても盛り上がっていました。

次回のギャラリートークは後期の61日(土)、1400からとなっています。写真も入れ替わっていますので、どうぞご参加ください。

また、関連の講演会として、第101回温故知新の会「かしこいカラスの本当のひみつ」を526日(日)に科学ジャーナリストの柴田佳秀さんをお招きして行ないます。

ぜひ足をお運びください。

 

 

20190427

山野草まつり2019

みなさんこんにちは。今日から10連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日は春の一大イベント、山野草まつりです。

小雨交じりの中、朝から多くの方々でにぎわいました。

山野草の福引のため、長蛇の列になっていました。

 

また、お祭りを盛り上げるお囃子の音が。

地元高根の囃子連に上演をしていただきました。お囃子の音が聞こえてくるとだんだんお客様も集まってきて、場も盛り上がってきます。

 

11時から始まった山野草の抽選会では、なんと250名以上の方が参加してくださっていました。みなさん抽選で当たった山野草を楽しそうに選んでいました。

 

午後には当館学芸員による山野草のガイドツアーも行なわれました。

解説をみなさん熱心に聞き入っていました。

 

今年の山野草ウィークは、56日(祝・月)までとなっています。

季節ごとに色とりどりの花を咲かせていますので、ぜひ足をお運びください。

 

 

 

20190426

端午の節句 in  けやき館

明日から10連休の方もいらっしゃるかと思います。

ゴールデンウィークのご予定はお決まりですか?

けやき館では鯉のぼりが皆様のご来館を歓迎いたします。

ガイダンスホールでは、ミニ展示 ‘五月人形と手作り甲冑’を開催。

武士団・村山党の会 のご協力の元、甲冑の試着体験もできます。

また玄関には、‘みんなでつくろう こいのぼり’と題し、折り紙でウロコをつくり、貼っていただく

手作りこいのぼりコーナーもご用意しました。

GW期間中は、‘企画展 みずほの野鳥’ ‘収蔵品展 竹を組み 竹を編む’ を開催しております。

ご来館をお待ちしております!

20190421

第101回 囲炉裏端で語る昔話

今日の囲炉裏端で語る昔話はちょっと場所をかえて会議室1でモニターを使って開催されました。

テーマは“江戸の奉行”、話者は平山和治氏です。

奉行というと私など大岡越前の守しか思い浮かびませんが・・・。

江戸府内の墨引地、朱引地をモニターを使って説明。三奉行、三名奉行などわかりやすくお話くださいました。

次回の囲炉裏端で語る昔話は5月5日。

GWの一日をけやき館で過ごしてみませんか?

 

 

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事