TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20191021

第111回温故知新の会「絣板職人の語る村山大島紬と絣板のしくみ」

みなさん こんにちは。

 

先日、第111回温故知新の会 地域の産業に関する講演会「絣板職人の語る村山大島紬と絣板のしくみ」が開催されました。

講師は元絣板職人の坂田勝長さんです。

 

講師の坂田さん

 

村山大島紬といえば、瑞穂町の伝統産業として知られていますが、着物文化が遠のいた現在では生産はできなくなっています。

今回はそんな村山大島紬の「絣板のしくみ」にこだわった講演会です。

絣板は村山大島の特徴である“精緻な柄”と“生産の効率”を両立させる、大切な役割を果たしました。絣板を彫るための板図案には、多くの工夫がこらされています。

一つ紹介すると、経糸の絣板には柄の「ミミ」と呼ばれる部分があります。柄と柄との間の部分で、絣板職人の方はこの「ミミ」の部分を一枚一枚ずらしながら縦板を彫っていました。もし「ミミ」の部分を柄の同じ高さの位置に設けていますと、同じ箇所に染まらない筋が生まれてしまうためです。

坂田さんからは柄をどのように絣板に移していくか、道具の説明など、細かく丁寧に説明してくださいました。

 

続いて、もう一人の講師、文化財保護審議会の平山会長が絣板で染めた糸がどのように織物になっていくか説明してくださいました。平山会長は元機屋さんで、経験を交えながら絣板で染められた糸が織り上げていくまでを映像や実演を交えながら説明をされていました。

 

解説をする平山さん

 

来場された方は、坂田さんの出身である石畑地区の方が多かったため、和やかな雰囲気で講演会が進みました。映像を見ながら、「この光景は昔見たな」とおっしゃる方も。

最後には織物組合が作曲し、よく歌われた村山音頭を合唱して締めくくりました。

 

次回の温故知新の会は、1027日(日)の第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」(第2回目)です。13日に続き、貴重な狭山茶の手もみ実演を見ることができます。予約にはまだ若干余裕があります。ぜひご参加ください。

 

20191019

瑞穂ふるさと大学2019 歴史コース

みなさん、こんにちは。

前日からの雨が心配されましたが、本日10月19日(土)、瑞穂町教育委員会 教育部 図書館文化財担当主催による

「瑞穂ふるさと大学2019 歴史コース」が無事実施され、私も参加者のみなさんと一緒に2時間ほど町歩きをしてきました。

ふるさと大学は、自然・観光・歴史の三つのコースがあり、各コースとも地域めぐり・講座・検定からなっています。本日の地域めぐりは、けやき館嘱託員の滝澤福一先生を講師として、コース案内と各ポイントでの丁寧で分かりやすい解説をしていただきました。

 

また今回は、一般の方々とともに、瑞穂農芸高校の先生と食品研究部の生徒のみなさんも参加してくれました。

普段生活している町の中にも、まだまだ知らないことがたくさんあり、参加者は滝澤先生の説明に熱心に耳を傾けながら、うなずいたり質問をしたりして、町の魅力を再発見するとともに、有意義なひと時を過ごすことができました。

なお、歴史コースの講座と検定は、12月7日(土)に行われます。

 

 

 

 

20191013

第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」

みなさん、こんにちは。

台風一過で秋晴れの10月13日(日)、けやき館では、第110回 温故知新の会「東京狭山茶手もみ実演」を行いました。

 

東京狭山茶の製法は、江戸時代の1800年頃に地元の先人たちが考案したとされています。

今回は、全国手もみ製茶技術大会で入賞した実績をもつ「東京狭山茶手もみ保存会」から講師の方々をお迎えしました。

 

講師の方に説明をしていただきながら、参加者も実際に手もみを体験しました。

 

 

また実演の後は、手もみの茶葉でいれたお茶をいただきましたが、参加者一同、そのまろやかな味とうま味に、驚きの表情でした。

まさに、狭山茶の味にとどめをさされたということでしょうか。

 

 

10月27日(日)にも今日と同様の内容で実演会を実施しますので、

今回ご都合がつかなかった方は、是非とも奮ってご参加ください。

 

20190926

瑞穂二中職場体験実施中

こんにちは。9月も下旬に差しかかってきました。

さて、今日は職場体験についてお話したいと思います。

けやき館では瑞穂中学校、瑞穂第二中学校の職場体験を受け入れています。

職業体験とは、中学生が実際の職場で作業をしたり、講義を受けたりして、実際に働く人々の知識や技術に触れ、働くことの意義について考えてもらうことが目的です。けやき館でも

講義や実習などを取り入れて、瑞穂町のこと、郷土資料館のことを知っていただけるような時間割を組んでいます。

今はちょうど瑞穂第二中学校の生徒さんの実習中です。

一日目、生徒さんに「郷土資料館ではどんな仕事をしていると思う?」と聞くと、あまりどのような仕事をしているかピンとはきていないようでした。

今回のスケジュールのいくつかを紹介すると、展示撤収。これは写真展「雑草の花、みんな美しい!」の展示撤収を一緒にしました。

 

展示の解説を久保田さんから聞いてます

みんなで展示撤収中

 

続いて、接客接遇。実際に受付に立って、お客様と接したり、チラシの補充やワークシートを用意したりと、細やかに作業してくれています。

 

受付の体験、挨拶や準備をしています

瑞穂町についての調べ学習

 

この他にも瑞穂の伝統産業である、染め屋さん工場に行き、かつて村山大島紬を染めていた技術を見学するなど、伝統的な体験もしました。

 

染屋さんの技を見学

 

実習体験生の皆さんには、瑞穂町の歴史や文化を改めて見つめなおすきっかけになっていると思います。

また、けやき館でこのような実習を組むことができるのは、けやき館を支えてくださる地域の皆様のお陰です。イベントや日々の運営に協力してくださる方々がいて始めてけやき館の活動が成り立つのです。いつも感謝です。

職業体験をしている様子を見ましたら、温かい目で見守っていただければと思います。

 

 

20190922

第109回温故知新の会「雑草の花と観察、そして花写真」

みなさんこんにちは。連休、いかがお過ごしですか。

今日は第109回温故知新の会 自然に関する講演会「雑草の花と観察、そして花写真」が開催されました。

講師は森林インストラクターの久保田鷹光さんです。

 

  講師の久保田鷹光さん。

 

瑞穂町周辺には畑が広がり、そこにはいろいろな花が咲きます。

一口に畑に咲く花といっても、お茶畑、野菜畑、農道、耕作放棄地…。そこには人の生活とともに生きる植物たちがいます。

 

久保田さんは季節ごと、観察できる花々をきれいな写真とともに紹介してくれました。

春はナズナの他、オオイヌノフグリやタチイヌノフグリなどの帰化植物、増えすぎて問題となっているナガミヒナゲシの種の飛ぶしくみ。

秋になると、ちぎると「シュンギク」のにおいのするベニバナボロギク、冬越しをするためのタンポポの姿や種のタイプ。

 

 

一般の方には雑草は嫌われ者になりがちですが、実は弱い生き物でもあり、人との生活の中で生きていく植物であるともおっしゃっていました。

後半には開催中の写真展「雑草の花、みんな美しい!」の展示解説もしていただきました。

 

今日の観客の皆様は、植物や写真にとても関心を持っている方が多く、外来植物の対処について、雑草とされる植物にも薬効があるものもある、カメラの撮り方は…など、久保田さんとの間で穏やかに質疑が続いていました。   

写真展「雑草の花、みんな美しい!」は明日、923日(月)までとなっています。

次回の温故知新の会は第110回 東京狭山茶手もみ実演(1013日、27日)となっています。

こちらもふるってご参加ください。

 

 

20190908

だるまの絵付けを体験しました!

みなさん、こんにちは。

今夜から台風15号が接近・上陸しそうな状況の9月8日()

けやき館では、第108回 温故知新の会「東京だるま絵付け」の

体験教室を行ないました。

 

今回は、多摩地区で最初にだるま業を始めた、山平ダルマの職人

さんを講師にお迎えしました。

 

初めて経験する方が大半で、大人も子供も絵付けに苦労していた

ようですが、最後はみなさん思い思いのデザインで絵付けをする

ことができました。

 

また今回は、地元の都立瑞穂農芸高校の生徒さんも特別に参加し

しくれて、いつもの体験教室とは違った雰囲気で、楽しいひと時

を過ごすことが出来ました。

 

 

20190904

瑞穂中学校職場体験実習をやりました

みなさんこんにちは。

僕たちは92日から2日間、職場体験をした内容について説明します。

 

1日目〉

最初は開館準備をしました。

次に館内の施設・展示を見回りました。

見回ったことでわかったことは、近現代ではうどんを食べることが多く、結婚式で食べることもあったそうです。

また、うどんの中でも煮込んで食べる「打ち入れうどん」などもあるそうです。

最後に森林インストラクターの久保田鷹光さんから写真展「雑草の花、みんな美しい!」の説明をしてもらい、展示の手伝いをしました。 

特に感じたことは、開館準備です。お客さんが来る前に明かりをつけたり、机を拭いたりしました。また、除湿機が半日で一杯になっていることに驚きました。

 実習一日目の様子

 

2日目〉

今日も最初は開館準備をしました。昨日とは違い、スムーズに準備ができました。

そして、次に受付の接客をやりました。開館直後に始めたので最初はおどおどしていました。

ただ、担当のスタッフさんがわかりやすく教えてくれ、来てくれた人に笑顔で接客できました。

接客をやってみて、人との接し方。例えば、人に不愉快に思われないように言葉に気をつけて話すようにしました。

 

午後には、「昔の道具を伝えよう」ということで、昔のレコードプレーヤーやサイレンを使って発表しました。使ってみて、今でも使われているサイレンに似ていました。また、レコードで「瑞穂音頭」を聞きました。

                 

「昔の道具を伝えよう」の様子

この文章は瑞穂中学校の職場体験実習生の生徒さんが作成してくれました。

 

 

20190903

写真展「雑草の花、みんな美しい!」

みなさんこんにちは。

夏の暑さもやわらいできた季節となりました。

 

91日から、写真展「雑草の花、みんな美しい!」が始まりました。

この写真展は、森林インストラクターの久保田鷹光さんが撮った、いろいろな花の写真が展示されています。

 

私たちの身近にある花だけでなく、夜にしか見ることができない花の写真など、久保田さんのこだわりの角度から撮った写真が30点ほど展示しています。

 

また、関連イベントとして、写真を撮影した久保田さんが講師となり、922日(日)1330から「雑草の花と観察、そして花写真みんなかわいい! みんな美しい!」が開催されます。

身近な植物の写真を撮る久保田さんのお話をぜひ聞きに来てください。 

この文章は瑞穂中学校の職場体験実習生の生徒さんが作成してくれました。

 

 

20190803

特別展「特撮造形師村瀬継蔵~瑞穂で生まれた怪獣たち~」

7月23日、けやき館の今年の夏の特別展、ついに始まりました!

村瀬継蔵氏は、世界的に知られた特撮のきぐるみ造形師。

モスラやガメラ、大魔神など、昭和世代なら一度は心躍らせたような、特撮映画の怪獣やヒーローを数多く手がけてきました。

瑞穂町に工房を構えて40年余り。

特別展では、特撮収集家としても著名なタレント、なべやかん氏の貴重なコレクションを交えながら、村瀬氏の造形の歩みをたどります。

 

きぐるみ造形は、紙の上に描かれた怪獣のデザインを立体にする仕事。

裏方ですが、特撮ではなくてはならない重要な仕事です。

村瀬氏は、その黎明期から活躍されてきた日本特撮史の語り部でもあります。

915日には、村瀬氏となべ氏、そして村瀬氏のもとで造形の技術を磨き、デビュー作の発表を間近にひかえた新進の特撮映画監督、佐藤大介氏によるトークイベント「村瀬継蔵が語る特撮技術の裏側」も開催の予定です。

 

会場には、南の島からあの「いいもの怪獣」も飛来中!

大人から子供まで楽しめる特別展です。

是非一度お越しください。

 

20190608

企画展「みずほの野鳥」写真追加しました!

みなさん、こんにちは。

梅雨入りしましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

企画展「みずほの野鳥」終了も近くなってきました。

企画展を行っていると、いろいろな方から情報をいただきます。本当にありがたいことです。

その中の一つに、最近撮られたオオタカの写真提供がありました。

撮影された場所は駒形富士山で、オオタカが民家の庭でスズメを捕食している様子が写されています。

民家でオオタカの姿を見ることができるというのは、瑞穂町ならではですよね。

実際の写真は資料館でご覧ください。

 

後期展示は6月16日(日)までとなっています。

多くの方々のご来場をお待ちしています。

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事