TEL.042-568-0634

開館時間
10:00〜21:00
休館日
第3月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日

ブログ

20210112

第140回温故知新の会 郷土歴史講演会「箱根ケ崎に振武軍来たる」

みなさん こんにちは。

 

本日けやき館では、第140回温故知新の会 郷土歴史講演会「箱根ケ崎に振武軍来たる」を開催しました。

講師は、瑞穂町文化財保護審議会会長の平山和治さんです。

今から153年前の慶應4年5月11日夜、箱根ケ崎村名主・村山家に振武軍からの命令書が届き、村中が大騒ぎとなり・・・。

今回の平山先生のお話では、上野戦争後の5月17日、箱根ケ崎宿に来たのは実は振武軍ではなく「御抱組」だったのではないかという興味深い説が出てきました。

 

けやき館では、感染防止対策を徹底に行った上で講演会・イベントを開催しております。

次回の温故知新の会は、1月24日(日)スポーツ講演会「瑞穂町の剣道」についてです。

 

 

20210110

人形劇 スーホの白い馬

馬頭琴ってご存知ですか?

三味線のような、ギターのような、二胡のような・・・弦楽器です。

今日は、親子で人形劇を楽しもう!と銘打ち

“スーホの白い馬”というモンゴルの民族楽器であるモリンホール(馬頭琴)の由来にまつわる話を人形劇でご覧いただきました。

座席は2席とばし、最前列は使用不可、検温、マスク着用、消毒、換気など感染対策をし、開催にいたりました。

劇団員4名の方がかわるがわる人形を動かすのですが、私が特に印象に残ったのは子羊がミルクを飲む場面。ごくんごくんという音が聞こえてきそうなくらい、子羊の体が微妙な動きをするんです。

けやき館の多目的室。人形劇にちょうどいい!っと自画自賛するくらい人形の動きが身近に感じられました。

1つの物語も、本であったり、ミュージカルであったり表現方法は多様ですが、人形劇もいいですよーっと改めて思った今日でした。

劇団の代表の伊藤さんはNHKプリンプリン物語の人形操者の方ですが、「子供達に楽しんでほしい」っとこちらの少々の無理難題を快く引き受けてくださいました。

子供達がマスクなしに、大きな口を開けて笑える日が待ち遠しいです。

 

20201223

第68回親子折り紙教室

19日(土)に折り紙教室を開催しました。

今回はお子様たちの参加がなく、ひっそりと・・・。

お題は「門松と干支」でした。

もうお正月の準備ですね。

(写真がなくて申し訳ない!)

その前にクリスマスがやってきますが・・。

日に日に寒くなってきてるので、気をつけてお過ごしください。

次回は、来年1月16日(土)に開催致します。

皆さんのご参加をお待ちしております。

20201221

造形作家 友永詔三の世界

こんにちは。

感染者の増加が心配な日々ですが・・。

けやき館では、2020年12月22日(火)~2021年1月31日(日)まで「特別展 友永詔三の世界」を開催します。

本来ならたくさんの皆様にご来館ください!と言いたいところですが、感染予防をしっかりしてなるべく人の少ない時間にいらしてください。っとしか今は言えません。

一年前から楽しみにしていた特別展。友永ご夫妻の優しさに甘えっぱなしの展示準備でした。

先生は「現場でこんなことしたの何年ぶりかなぁ」っと狭い展示ケースの中で一体一体お人形を形付けてくださいました。

そんな先生を補佐する奥様も「もっと顔を上に向けた方がいいわ!」何とも「あ・うん」の呼吸のご夫妻です。

40数年前、ブラウン管を通して見ていたお人形にじかに触れるなんて、想像もつきませんでしたが、一つの出会いから今回の展示が実現。

ソーシャルディスタンスの今ですが、出会いはやはりありがたく大事なものです。

館内については、ご来館できない方のために後日ご紹介させていただこうと思います。

取り急ぎ開催のお知らせまで。

P.S クリスマスツリーに挟まれた人形が見られるのは25日まで。

20201213

第139回温故知新の会「続・しめ縄を作ろう わら細工体験教室」

みなさん こんみちは。

本日、毎年恒例のわら細工体験教室しめ縄作りを開催しました。

毎年参加されている方もいて、人気のイベントです。

講師は、須賀省三さんです。

わらのハカマを取り除き

水で濡らし叩き柔らかくします

三等分にし、のの字に巻いていきます

みんな頑張って巻き巻きし、完成!! みなさん お疲れ様でした。

 

 

20201213

第137回囲炉裏端で語る昔話

みなさま こんにちは

2020年の師走も半ば、だんだん気ぜわしくなってきましたが、

けやき館の周りでは、まだまだ美しい晩秋を楽しむこともできています。

今日の囲炉裏端で語る昔話は、梅田美枝氏による、「この一葉①」です。

梅田さんは今から14年ほど前から、短歌や俳句などを読売新聞「よみうり文芸」に投稿し始め、

今までに200を超える作品が入選して掲載されています。

「一葉(ひとは)」とは、それらの作品を含めた、

梅田さんの短歌、俳句、川柳、随想、童話作品の “まとめ本”です。

本日は、こちらの本から、梅田さんご自身に選んでいただいた作品を朗読していただきました。

梅田さんは瑞穂で生まれて瑞穂の農家に嫁ぎ、大家族を支えながらの子育て、介護と

忙しい日々の様子、そのときどきに感じた事などを作品にされています。

 

白いご飯がご馳走だった時代、今では家族で食卓を囲むのが食事の風景ですが当時はそうではなかったと聞いた時、

?!ちゃぶ台でみんなでワイワイじゃないのかしら?とちょっと驚きましたが、

梅田さんが子どもの頃は、各自お茶碗が収められた「箱膳」を持っていて、食事の時は1人1人がその箱をテーブルにして食事をしたそうです。

また1週間に1度みんなの箱膳のお茶碗を洗うのは年長の子供の仕事だったそうです。

この「箱膳」、「見てみよう!昔の道具展」で展示されていましたね。

実際に使っていた方のお話はおもしろかったです。

 

梅田さんのには、家族への感謝や愛情、自分の人生への慈しみ感じられましたが中でも、

「こうあるべきだ、こうでなくちゃいけないと考えるのではなく、

自分がおかれた立場を全うすることを一生懸命やってきた」

という言葉がとても印象的でした。

次回の囲炉裏端で語る昔話は、

令和3年1月24日(日)「浅間さまとドッコイショ」関谷忠氏

です。(来年です!)

みなさま良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

20201212

つまみ細工体験教室

こんにちは。

本日は、江戸時代から続く伝統工芸の体験教室を行いました。

その伝統工芸とは、“つまみ細工”です!

講師は、優しく丁寧に教えて下さる川﨑里美先生をお招きし、指導していただきました。

 

つまみ細工と言えば、七五三や成人式の髪飾りなどが頭に思い浮かびますが、今回の体験では、ビーズと組み合わせてつまみ細工のアクセサリーピンを作りました!

 

作業風景はこんな感じ↓

2.5㎝角の布をピンセットで折りたたみ、花びらを5枚作ります

花びら5枚を付けるとお花の出来上がり❁

 

 

さらに、このお花にビーズを組み合わせていくと、アクセサリーピンの完成🎊

 

小さい布をピンセットを使いながら折って整える作業に皆さん苦戦していましたが、かわいいお花のアクセサリーピンが完成しました。

洋服やバッグのアクセントにつけても素敵ですね!!

20201210

裂き織り体験教室

本日、けやき館では【裂き織り体験教室】を開催しました。

裂き織りとは、使わなくなった着物や古布を裂き、よこ糸として織るエコな織物のです。

今回は、卓上手織機を使って裂き織りのコースターを2枚作りました。

 

 

よこ糸は6色の中から好きな色を選んでもらいました。

 

さっそく織っていきます。

みなさん最初はゆっくりでしたが、出来上がる頃にはサクサク織っていました。

 

完成はこちら↓ 使ったよこ糸によって、出来上がりの柄は様々!

 

 

使わなくなった布を使って色とりどりのコースターが完成しました。

 

 

 

 

20201205

みずほ染め織り作品展

こんにちは。

けやき館では、12月1日より「みずほ染め織り作品展」を開催しています。

「みずほはたおり探検隊」や「みずほ染織伝承会」の学習・活動成果が一同にご覧いただける作品展です。

藍・桜・どんぐり・玉葱、、、といろんな素材を使って染めた草木染の作品や、機織り作品を展示しています。

 

また、町の伝統的な絹織物【村山大島紬】の制作に使われる道具なども展示しています。

 

12月20日(日)までの展示となってます。

草木染・機織り・村山大島紬の興味のある方はぜひ!

20201205

冬のわくわく工作教室

本日から冬のわくわく工作教室が始まりました!

 

今年の工作内容は、タッセル人形とウシの絵馬です。

            

 

本日参加してくださったかたは、ウシの絵馬作りにチャレンジ!

 

 

  

上手にできました。

 

 

けやき館冬のわくわく工作教室は、12月6日(日)・13日(日)・19日(土)・20日(日)の14時~15時で行っています。

今年は予約制となりますが、まだまだ空きがございます。

みなさん、けやき館で工作をしてみませんか?

最新記事

カテゴリー

  • イベントのお知らせ
  • 学芸員の小窓
  • 未分類
  • 館長あいさつ
  • 過去の記事